« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

【ウイグルに自由を!】衝撃の事実!ラビア総裁が語るウイグル事件の真実

沖縄や北海道が中国共産党に狙われている事が具体的にわかってきているのだし、日本人ならこのウィグルの悲惨な話は知っておく必要があると思う。

ただ、最後のほうで話していたウィグル人の受け入れについては難しい気がする。
日本人の拉致被害者さえ取り戻す事が出来ない今の日本で、中共の魔手から彼らの安全を守ることは可能だろうか?

【ウイグルに自由を!】衝撃の事実!ラビア総裁が語るウイグル事件の真実[桜H25/6/28]

---この動画について---

世界ウイグル会議総裁のラビア・カーディル氏より、日本の隣人がどれほど恐ろしい民族­浄化を行っているのか、ウイグル人がどれほど悲惨な弾圧を受けているのか、そして中共­政府がどれほど悪質なプロパガンダを垂れ流しているのか、改めて国際社会に「真の人権­の下での連携」を訴えていただきます。

◆日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム
 http://outboun3.wix.com/jusf

◆日本ウイグル協会
 http://uyghur-j.org/

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

---ここまで---

【ウイグルに自由を!】日本・ウイグル自由のための連帯フォーラムin札幌[桜H25/6/26]

報道されていなかったのか…。


【ウイグルに自由を!】日本・ウイグル自由のための連帯フォーラムin札幌[桜H25/6/26]

---この動画について---

東京に引き続き、22日に世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁をお招きして行わ­れた『日本・ウイグル自由のための連帯行動in札幌』の模様を、ダイジェストでお送り­します。

◆日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム
 http://outboun3.wix.com/jusf

◆日本ウイグル協会
 http://uyghur-j.org/

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

---ここまで---


【追記】
東京で開催された様子もアップされていた。

【ウイグルに自由を!】日本・ウイグル自由のための連帯フォーラムin東京[桜H25/6/24]

---この動画について---

21日に、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁をお招きして行われた『日本・ウ­イグル自由のための連帯行動in東京』の模様をダイジェストでお送りします。

◆日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム
 http://outboun3.wix.com/jusf

◆日本ウイグル協会
 http://uyghur-j.org/

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

---ここまで---

「子宮頸ガン予防ワクチン」­の問題について…6月18日の参議院内閣委員会

---この動画について---

公開日: 2013/06/20


6月18日の参議院内閣委員会において、薬害の恐れもある「子宮頸ガン予防ワクチン」­の問題と、障害者差別撤廃への取り組みについて、山谷えり子議員が質した委員会質疑の­模様をお送りします。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千­人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、­全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

---ここまで---

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »