« 3/24 福島県相馬市 東北地方太平洋沖地震対策会議 ノーカット | トップページ | 札幌・旭川から支援物資が被災地へ~☆ »

中国野菜輸入急増~☆

国が、洗えば大丈夫な野菜を廃棄させたのには、こういう裏があったのか?
そういえば、某女性大臣が冷蔵庫の中にある全然関係ない野菜まで廃棄しろと言っていたとか書かれているのを見て、「なんで?おかしいじゃん!」と思ったが、そういう事なのか?

「風評被害に備えて」の文言をみると、マッチポンプという言葉が頭に浮かぶ。

中国産野菜 日本向け急増
2011年3月21日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011032102000028.html

 【上海=今村太郎】東日本大震災を受け、日本の食品関連業者が国産農作物の収穫減や原発事故の風評被害に備えて中国産の確保に乗りだし、浙江省や江蘇省など中国沿岸部の食品メーカーが対応に追われている。

 「冷凍ナノハナの受注が四~五割増え、みんな残業で大変だ」。上海から車で一時間半ほどの浙江省嘉善県にある冷凍食品メーカー「嘉興年代速凍食品」の毛傳鋒副社長は肩をすぼめた。同省はナノハナの産地として知られ、同社は例年、日本に数百トンを輸出している。日本では主に外食産業へと流通する。

 受注が急増したのは震災後、三日ほどしてから。ナノハナだけでなく冷凍のインゲンやブロッコリーの受注も急増し、通常の倍に当たる百五十人態勢で午後十時ごろまで残業して対応。農家の収穫能力に限りがあるため「多くの注文を断っている」とも話した。

 同省や江蘇省の他の食品メーカーでも同様に、日本からの受注が例年の一・五~二倍に増えている。買い付けに来た兵庫県の輸入業者は「収穫減ももちろんだが、福島第一原発の事故による風評被害も予想し、買い集めている」と説明。「日本の業者と取引が多く、厳しい衛生基準に慣れている中国沿岸部のメーカーが一番の受け皿になる」と話した。

【追記】

東大病院放射線治療チームツイッタ
http://twitter.com/team_nakagawa

「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめ
http://gigazine.net/news/20110315_sievert/

« 3/24 福島県相馬市 東北地方太平洋沖地震対策会議 ノーカット | トップページ | 札幌・旭川から支援物資が被災地へ~☆ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/24 福島県相馬市 東北地方太平洋沖地震対策会議 ノーカット | トップページ | 札幌・旭川から支援物資が被災地へ~☆ »