« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

「日韓併合百年」総理談話発表に反対の署名

安倍元総理、平沼議員らが、「日韓併合百年」総理談話発表に反対する声明の賛同者署名を募集している。

創世「日本」
http://sosei-nippon.jp/

ミンスは、祖国に日本の血税をばらまきたくて仕方がないようだ。
相手国がまともな国ならいいが、ゆすりたかりの民族性を持った国なのだし、今までも必要以上に優遇し過ぎなのだから、普通の扱いで充分だ。
既に、両政府の間で解決済みの事柄を蒸し返して、ゆすりやたかりのネタを提供するような余計なことをする事はない。

もし、これを強行するようなら、菅総理には、「外患誘致」の目的有り、とはっきりわかるわけだが、処刑されて菅総理が消える事になったとしても、隣国とまともな外交関係を築く事が出来る日が遠のき、不和の種をまいただけという事になるだけだろう。

財源が足りないからと、ミンスは我が国の国民の年金の積み立てに手をつける気満々だが、システムを壊す事と今まで国民が蓄積してきた財産を食いつぶす事しか出来ない上に、朝鮮人に為にしか働かない者たちに、これ以上勝手なことをして欲しくはないものだ。

、(朝鮮系に乗っ取られた毎日やTBS以外からも報道があるという事は)ガセかと思っていた外国への必要のないバラマキは強行するんですね。

このままミンス政権が続いたら、何年もしないうちに年金財源が消えるに違いない。

文科省の前では金父子「礼賛」封印 総連が朝鮮学校に“授業改竄”指示 http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100805/kor1008050124000-n1.htm

朝鮮学校も無償化へ=政府部内で最終調整-文科省

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010080400417

**以下、記事コピペ**

 文部科学省は4日、高校授業料の実質無償化法の対象に朝鮮学校を含める方向で政府部内で最終調整する方針を固めた。

同省は同法施行時点では朝鮮学校の扱いを保留し、外部の専門家会議で検討していたが、同会議で朝鮮学校を除外すべきでないとの意見が強まっている。

このため、同省は月内にも結論を出し、4月1日にさかのぼって実質無償化を実施したい考えだ。 同法は、公立高校の授業料は徴収せず、私立高校や専修学校高等課程などに通う生徒には世帯の所得に応じて年11万8800~23万7600円の就学支援金を助成する内容。民主党が看板政策の一つとして、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げ、今年の通常国会で成立した。(2010/08/04-13:47)

**ここまで**

各種学校扱いの北朝鮮の学校に税金を払う必要はないし、文部科学省の勝手な解釈で国民の税金および年金の積立金を盗んで横流しすることは許される事ではない。

朝鮮学校の授業料無償化は、朝鮮学校への公金支出となるため、憲法89条違反。

日本国憲法
第89条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »