« 毎日新聞問題 英語版の謝罪文 | トップページ | 毎日新聞問題 スポーツ記事もスポンサーにゴマすり? »

トップの依存心が国を滅ぼす

次期首相候補がゾロゾロと名乗りを上げている。
民主党のように、党内の声を圧殺して無理やり1つにまとめるような共産主義の国のような独裁的な事をするよりは、色々な意見を持った人が発言、議論する事により、多くの良いアイディアが国民の前に明らかになるのはありがたい事だ。
議論する事で良い方向にまとまっていくといいなぁshine

北朝鮮は、拉致問題の調査に対して、またいい加減な対応をしようとしている。
こうなる事は最初から予想が付いているのだから、次善の策を持っていてしかるべきではないのだろうか?
高村外相も何の手を打つ事も出来ずに、相手のいう事を報告するのみと、無能さを露呈している。
本気で取り組む気のない名前だけの大臣ではこの程度なのか。

「トップの依存心が国を滅ぼす」と、ロシア政治経済ジャーナル(9月4日)に書かれていたが、アメリカなど他国に依存する事のないしっかりした考えを持ったリーダーの誕生を心から望む。

pencilロシア政治経済ジャーナル
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義 Book 中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

著者:北野 幸伯
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ボロボロになった覇権国家(アメリカ) Book ボロボロになった覇権国家(アメリカ)

著者:北野 幸伯
販売元:風雲舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? Book 隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?

著者:北野 幸伯
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 毎日新聞問題 英語版の謝罪文 | トップページ | 毎日新聞問題 スポーツ記事もスポンサーにゴマすり? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日新聞問題 英語版の謝罪文 | トップページ | 毎日新聞問題 スポーツ記事もスポンサーにゴマすり? »