« 花畑牧場の生キャラメル~☆ | トップページ | 介護職員の確保 »

在日特権を許さない市民の会

あちこちネットサーフィンしている時に、下関教育委員会に毎日のように押しかけていた数十人の在日朝鮮人が引き上げたのは、在日特権を許さない市民の会の人たちが下関入りし、下関市街頭活動する事を知り逃げ出したのだという事を知った。

7月10日の街頭活動の様子
youtube→http://jp.youtube.com/watch?v=-X_O-jhnhLU&feature=PlayList&p=C0A83B727E2BAA4B&index=0&playnext=1
在日特権を許さない市民の会HP
 →http://www.zaitokukai.com/
在日特権とは
 →http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/107.html

この会の関係者が、7月12日に外国人記者クラブの英国人記者から、日本における在日朝鮮人韓国人に関する取材を受けたことがブログに書かれていた。
毎日新聞の変態記事の話なども幅広く話をしたそうで、取材内容については外国人記者クラブが発行している「No.1 Shimbun」という英字雑誌に8月くらいに掲載されるとか。

ほかのブログでも、海外に向けて、竹島問題に関して今までの韓国の主張の誤りなどを指摘した資料を作成し、海外の識者や政治家に送ることをはじめた事を記している人もいた。

enjoykoreaという日韓交流の掲示板でも、きちんと資料写真をつけて竹島が日本固有の領土であることを主張している板も見つけた。
韓国の人は何度そういうものを見せられても納得していない人が多いようだが、自分で調べて気がつく人も少数でもいればよしという感じなのかな~。

「竹島が日本の固有の領土である」事を明確に記すことを避けた事は残念だが、少なくとも教科書に正式に載る事になったのは良いことだ。
日本の領土であることは紛れもない事実なのだから変な気遣いは無用。
気を使ったところで全く気が付かない&調子の乗る相手では、どのみち反応は同じなのだから、今後は日本側の主張をはっきりする方向で行ってもらいたいものだ。

別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (別冊宝島) Book 別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (別冊宝島)

著者:野村 旗守,宮島 理,李策,呉 智英,浅川 晃広
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 花畑牧場の生キャラメル~☆ | トップページ | 介護職員の確保 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事